構造化知識研究所ホームへ
A Leading Provider of Structured Knowledge Management
過去のセミナー・シンポジウム

過去のセミナー・シンポジウム


第8回 知識構造化シンポジウム ~不具合知識の価値を高めるSSM実践各社の多彩な取組み~

■日 時:2016年9月9日(金)13:30~17:00
■場 所:東京・中央区茅場町 東京証券会館
■主 催:(一財)日本科学技術連盟
■概 要
     SSMは、不具合情報を解析し、教訓として抽出した知識を組織全体で再利用する手法として、近年多くの企業に広がっています。
    SSM導入企業では、知識が再発防止・未然防止に役立つように、技術的なアイテムごとに不具合事象間の繋がりや各事象の要因を
    丁寧に整理し、必要に応じて知識を一般化します。その結果、知識の価値が高まり、さまざまな部署や技術分野で過去の教訓が有
    効活用されてゆきます。また、知識を整理・活用する取組みを通じて、技術者の不具合予測力や論理的思考力が向上します。
     今回のシンポジウムでは、こうしたSSMの取組み、またSSM導入推進の工夫、組織の特徴を踏まえた知識検索・活用方法等につ
    いて、3社による実践事例が紹介されました。また、各企業での最新の取組みを通じ、SSM導入中・導入検討中の皆様に役立つヒ
    ントが紹介されました。

■プログラム
   ●13:30~13:40 オリエンテーション
   ●13:40~15:40 事例講演
              <講演1>
               「不具合未然防止のためのSSMを用いた車一台分の知識活用環境構築」
                菊島 勲夫 氏 (株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター TAC)
                小日山 信人 氏(株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター TAC)
              <講演2>
               「変化するワーク物性に対応する包装機械におけるSSMを活用した設計DRと技術者育成」
                有門 一雄 氏(株式会社京都製作所 技術開発本部 課長)
              <講演3>
               「技術分野を横断した知識共有による少人数開発プロジェクトにおける再発防止力の向上」
                小野 圭 氏(理研計器株式会社 開発生産本部 技術部 上級主任技師)
   ●15:40~16:10 特別解説
               「SSM導入企業の最新動向と効果的な知識運用の取組み」
                長谷川 充 氏 (株式会社構造化知識研究所 シニアコンサルタント)
   ●16:10~16:50 総合討論
                全講演者
                コーディネータ: 田村 泰彦 氏 (株式会社構造化知識研究所 代表取締役)
   ●16:50~17:00 まとめ

■備 考
      今回のシンポジウムでは、約190名の多くの方々に参加頂きました。
      総合討論では、フロアから講演各社のSSM活動の詳細、SSMの海外展開などに関する質問があり、活発な議論がなされました。
      ルポタージュはこちら(日科技連 知識構造化シンポジウム開催レポート)です。あわせてどうぞご覧ください。